Blog

ブログ

09 28

2020

ヘルキャット!!

車検整備でお預かりのチャレンジャーヘルキャット。

プロペラシャフトのセンターサポートベアリングから異音。

このヘルキャットのセンターサポートベアリングのみのパーツ供給がありません。


という事はプロペラシャフトAssyになります。

が、国内パーツ供給無し・・・。



本国に問い合わせをしてみると、なんと、バックオーダー!!


コロナの影響なのか、それとも現地でも同じトラブルが多いのか!?


待ちに待ったパーツが入荷したので、交換を実施。


まずは、エキゾーストを外してからの作業になります。




外したプロペラシャフトとNewのプロペラシャフトですが、見た目では、どっちがどっちか解りずらいですね。







エキゾーストを取り付け作業完了です。


パーツを待っているクルマ達が数台控えておりますが、いつになる事やら!?


カテゴリー:車検整備

12 27

2019

ブレーキローター

ディスクブレーキローターですが、パッドと同様ディスクローターも消耗パーツの1つです。

ローターの表面がデコボコであったり、サビがひどかったりと摩耗していれば交換が原則となります。


それ以外では、軽くブレーキを踏んだ時にペダルが跳ね返るような症状も交換時期になります。

ただ、ローター自体の厚みがあれば研磨で対応可能です。


今回は車検整備と併せてローターを研磨しました!!





ローターは新品同様になりました。

ハブベアリングIN&OUTにシールも交換済みです。




話は変わりますが、パソコンをウィンドウズ7から10に買い替えたのですが、設定の変更で時間がかかり、ようやくパソコンが使えるようになりました。

まだ完全に移行していないので、これからちまちまと設定変更していきます。




スタッフ募集!!


カテゴリー:車検整備

12 16

2019

ファクトリーの様子

ファクトリーの様子です。




現在11台お客様のお車をお預かりしている状況です。

全てのお車を今月に納車したいと思っているのですが・・・可能なのか!?







カテゴリー:車検整備

11 26

2019

パーコレーション

車検整備でお預かりの66yノバSS。


67yまでのノバは、エンジンルームが狭いうえモノコックボディーのため、熱がこもりやい特徴があります。

これは物理的に仕方がありません。

特にハイパフォーマンエンジンを載せているノバは、日本の真夏の渋滞ではパーコレーションになりやすいのもノバの特徴です。






インテークマニホールドとキャブレターの間にアルミのスペーサーがありますが、アルミは熱の伝導率が高いため、キャブレターを熱くさせてしまいます。

このアルミのスペーサーを取っ払いベイクライトを取り付けます。










これだけで、かなりの効果があります。


これでだめなら、次の対策に取り掛かります。


カテゴリー:車検整備

09 09

2019

フォードモデルA

車検整備でお預かりの1930年フォードモデルA!!

右側のへダースがフレームに干渉、正面から診るとエンジンが右側に傾いているため原因を探ります。




右側のエンジンマウントのボルトが折れいるのが原因。




エンジンブロックに折れたボルトを取り外します。

折れたボルトを取り外すには、エンジンクレーンを使いエンジン本体を浮かせての作業になります。





今後のことを考慮し、少し長めのボルトに交換しました。





その他、消耗パーツの交換と油脂類の交換という軽整備で作業終了です。







カテゴリー:車検整備

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6

CONTACT お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

ACCESS アクセスマップ

ページトップへ