Blog

ブログ

03 23

2020

タイミングベルト

三菱の最高級車、ディアマンテのタイミングベルトの交換です。

同時にウォーターポンプ、テンショナーも交換実施。

ディアマンテはV6エンジンなので、通常のベルトの張り方と違いテンショナーでの調整が必要になります。

テンショナーを張るための工具を制作。




タイミングベルトの交換に取り掛かります。







タイミングベルトの交換終了です。



カテゴリー:一般整備

02 15

2020

LT1エンジン

LT1エンジンの弱点?ともいえるデストリビューター。

ウォーターポンプの後ろ側にデスビがあるため、ウォーターポンプからのクーラント漏れによりデスビまで被害を受けてしまうという症状があります。

これは仕方のないことかもしれませんが、のちにメーカーが、このような不具合がないようにデスビの対策品を出すようになりました。

おそらくこのような不具合が多かったんでしょうね。





ウォーターポンプとデスビAssyの交換を実施。




右側が対策品のデスビです。

カプラーの部分が本体と一体になり、なおかつ水が入らないように対策されております。









社外品のデスビだと対策されていないタイプもありますから気を付けて!!





メカニック募集!!

カテゴリー:一般整備

01 30

2020

ビレットホイール!!

ビレットラリーホイールに履き替えたカマロです。




ビレットの輝きは高級感も感じさせます。




決まってます!!



カテゴリー:一般整備

01 28

2020

ステアリングダンパー

走行中にステアリングが「ぶるぶる」する、という症状でお預かりのハマーH2!!

まずはステアリングリンケージのガタから点検を実施。


まったくガタもなく問題はないので、ステアリングダンパーだろうと思いながらも念のためタイヤを前後ローテンションし試運転。


症状が変わらないのでステアリングダンパーの交換をします。





オリジナルのステアリングダンパーではなく、ヘビーデューティーのステアリングダンパーに交換します。


ごっついタイヤを履いているため、どうせ交換するのであればという事でアップデートしちゃいます♪






シルバーのボディーがかっこいいビルシュタインです!!







今回はダンパーが原因でしたが、タイヤの場合もあります。

タイヤといってもトラックタイヤです!!









カテゴリー:一般整備

01 24

2020

サーモスタット

2台のクルマのサーモスタットの交換です。

1台は水温が上がらないという症状、もう1台は水温が上がるという真逆の症状の2台です。


点検の結果、どちらもサーモスタットが原因なので交換します。


まずは、水温があがらないという症状のグランドチェロキーです。





まずは腐食した部分をきれいにしてからサーモスタットを交換します。





交換後はエアー抜きを行い作業完了です。







もう1台の水温上がるという240Zのサーモスタットの交換です。




取り外したウォーターネックを清掃しNewサーモスタットを取り付けます。

交換後は上記と同様エアー抜きをし作業完了です。





2台とも既定の水温をキープです!!






カテゴリー:一般整備

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7

CONTACT お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

ACCESS アクセスマップ

ページトップへ